MCA講座トップ科目と履修項目集中トレーニングテキスト販売
マイクロソフトの新しいITプロフェッショナル資格
MCA 
Microsoft Certified Associate Program
目指せ!! コンピュータの達人
MCA 学習内容
MCAの各講座は微妙に関連しています。

Security科目は誰もがきちんと持って頂きたい一般常識。

プラスIT関連の職種に就きたいなぁ..
                 と漠然と考えている皆さんにとっては
 Platform(OSネットワーク)が基礎 = ホップ
   Database(データベース)が実践 = ステップ
    Application(アプリケーション構築)が明日の為に = JUMP!!   です。

是非とも4講座の制覇(と試験の合格)をしていただきたいと思います。
わたしたち現場のインストラクターはMCAをこんな風に捉えています。
科目と履修項目(主な学習内容)
HOP!!  まずは誰もが知っておきたい基礎編 2講座
MCA Security(試験番号 M10-401)←今、いちばんHOTな新科目 !!
ソフィアの講座名:セキュリティ《きちんと理解コンピュータセキュリテイ》講座
           (MCA10-401対応)
私たちの生活に不可欠なインターネット。
お買い物もチケット予約も、旅先の宿の手配も自分のパソコンから、スピーディに可能です。
でも、きちんと自分のコンピュータは守ってますか?便利さと脅威は表裏一体です。
もっともっと便利に安全に使うために、私たちがきちんと行うべき、日々のメンテナンスと予防を再認識しましょう。決して難しいことではありません。
だれもが、身につけて欲しい知識をきちんとお話します。
具体的には...
■そもそもセキュリティとは ■セキュリティを支える基礎技術 
■修正プログラムの必要性 ■コンピュータを守るということ 
■ウィルスから自分と自分のPCを守る ■ファイアウォールとは 
■ウィルスはインターネットだけにいるのではない ■ネットワークのセキュリティ対策 ■会社のデータを守るということ ■セキュリティは身近なところから 
などなど
MCA Platform(試験番号 M10-201)←コンピュータの理解には必須 !!
ソフィアの講座名:プラットフォーム《OSとネットワークの完全理解》講座
           (MCA10-201対応)
OSの役割やハードウェアについて勉強します。ちょっとカタイけれど、本当はコンピュータを使って仕事をしている人全員に一度は聞いて欲しい内容です。
ネットワークを構成するWindows Serverの理論や技術、運用方法などを学習します。
具体的には...
■OSの役割は? ■OSってWindowsだけ?(OSの種類)
■コンピュータの中の動作はこうなっている
■コンピュータの動きが遅くなったときはこうしよう!!
■インターネットの仕組みは?
■コンピュータのセキュリティ管理の基礎 などなど
STEP!!  コンピュータの達人を目指すプロフェッショナル編 2講座
MCA Database(試験番号 M10-101)←データベースの理論理解にはコレ!!
ソフィアの講座名:データベース《SQLを理解して、目指そうデータベースの達人!!》講座
           (MCA10-101対応)
SQL Server 2005に対応したデータベースの基本的な仕組みを理解し、データベース技術の実装までを習得します。
データベースに強くなりたい人には必須!!
Accessなどのデータベースソフトの理解もしやすくなります。
具体的には...
■データベースの役割 ■リレーションモデル ■データモデリング ■SQL Serverのアーキテクチャ ■Microsoft SQL Server 2005の導入と操作 ■物理データベース設計 ■Transact-SQL ■トランザクション管理 ■セキュリティ管理 ■分散データベース ■クライアントサーバー型DB
MCA Application(試験番号 M10-301)←システム開発の原理がわかる!!
ソフィアの講座名:アプリケーション《PCユーザーのためのシステム構築理論》講座
           (MCA10-301対応)
システム開発の原理と基礎知識を学習します。
ソフィアの個人的な意見として、コンピュータのシステム開発をアウトソーシングしよう(外注するということ)とお考えの会社の方にはまず受講して頂きたいと思います。
実際にシステムはどう作られているのか、どう検証作業をすべきか、などなど。
もっともっと、専門家との話がスムーズに行くはず。

レガシーな20世紀(それも80年代)のSEから...
20年前、ソフトハウスでSEをしていた上田は、その当時こういう勉強をしたかったです。
また、仕事を下さるお客様の立場で考えると、きちんと検証の仕方や設計に携わる大切さをこういう機会に知ることで、もっともっと仕事はスムーズに行くはずです。

コンピュータの専門家と対等に話をするために、ぜひ理論武装してください!!
具体的には...
■開発ライフサイクル ■システム開発 ■設計技法 ■プログラミング言語 ■OSとプログラミング ■インターネット/イントラネット ■セキュリティ ■データベース ■オブジェクト指向 ■コンポーネント ■システム階層 ■各階層のデザイン ■XML関連 ■Microsoft .NET Framework ■Visual Studio .NET ■Server製品 ■フロントエンド ■ソリューション展開
そして、JUMP!!  MCA資格もとってみよう
MCAには資格制度もあります。
  資格のための勉強はつまらないけど
   せっかく勉強したら、自分の知識を証明するために、チャレンジしよう!!
資格の特典
・4科目のうち、1科目合格するとMCAとしてマイクロソフトから正式に認定されます。
・4科目制覇すると上位資格「MCA Master」です。
・MCAになると、マイクロソフトから様々な特典が提供されます。
 (資格を持っている人だけが閲覧できる資格者専用サイトにログインできます)
      ↑
  ちょっとワクワクする秘密の花園?
詳しいことはマイクロソフト社の公式サイトをcheckしてね。
《私たちはMCAをこんな風に捉えています》

MCAの内容は確かにカンタンに理解できることばかりではありません。
が、資格云々言う前に、一度は聞いて「な〜るほど!! 」って思っていただけることばかりです。
試験対策というと難しくなりがちですが、MCA講座では特に
「な〜るほど!!」と思っていただけることを目指して講習したいと思っています。
私達インストラクタは「コンピュータの理屈」をすこしづつ勉強してコンピュータと仲良くなってきました。その時代にMCAがあったらもっともっとスマートに多くのことが覚えられたなぁ...とつくづく思います。
手探りで試行錯誤するのは力も付くかもしれませんが、時間と労力が膨大にかかります。見当違いのこともたくさんやりました。
それらの「試行錯誤」をスマートに体系づけて理解できるのがMCAの各講座ではないかな、と思います。

さらに...
勉強してよくわかりました。MCAはマイクロソフトのシスアドです。
初級システムアドミニストレータで求められるスキルの「情報システム構築支援」「情報システム運用と整備」をかなりの部分で学習できます。
いずれはシスアド...という方、MCAは知識の貯金ができます。

そして、普段使っているマイクロソフト製品のことがよくわかるようになりました。
好きとか嫌いにかかわらず、MS無しでは私たちのITライフの多くが成り立たないですから
▲ページトップへ
試験の実施について
・試験は各地の試験センターで行っています。静岡市葵区や浜松市、沼津市にあります。
 試験会場の詳細はPROMETRIC社のWebサイトで
・試験料は9450円(税込)です。
・各試験センターではかなり頻繁に試験を実施しています。
 自信がついたら受験をしましょう。  

受験は知識の整理です。合格することが目標ではなく、自分の中でどの程度理解したかを判断する「物差し」にしていただきたいな、と思っています。

システムプラザソフィア HOMEスクールTOPコース料金一覧時間表 パソコンスクール
静岡市清水区銀座 Tel.054-367-2641 お問い合わせ