システムプラザソフィア HOMEスクールTOPコース料金一覧時間表 パソコンスクール

Word こんなこと知ってる? Vol.3
文章に行番号を付ける

原稿を書かなければならない!!。
「23文字×30行でお願いします」うっ、言うほうはは気軽だ〜...
で、今何行書いたかな、を確認しながら書きたいと思った
確か、Wordにはそんな機能があるハズ。
で、みつけちゃいました。そのまま放っておくと、忘れてしまいそうなので、ココに書いておきます。
 
目指すのはこんな画面↓
 



原稿用紙の設定にすることと、左の余白に行番号を付けることです。


操作...

設定は、何時でもできます。(書く前の設定でもいいし書いている途中で設定してもOK)

1.原稿用紙タイプに設定する
 
 《ファイル》メニュー
  ↓
 《ページ設定》の
  《文字数と行数》タブで

原稿用紙の設定にする
         をクリックする

あとは、文字数と行数を自分の作成する原稿タイプに合わせて設定します。

私は...
23文字30行の依頼なので
23文字40行
       にしてみました。










原稿用紙指定にしておくと、
プロポーショナルフォントでも、
1行の文字数がきちんと決まって文字数と行数に意義がある文書は便利です。


2.行番号をつける

同じダイアログボックスの一番右のタブ《その他》をクリック

行番号 のボタンを押し、行番号ダイアログボックスで、行番号を付加する をチェックする。

後は好みとニーズに応じて、開始番号やその他の指定を行いOK。







実は、えっと、どこだっけ?と2分くらい捜していました。
  使わない機能は、なかなか引き出しをひっくり返して記憶を呼び起こすのに、時間がかかります。
 
おまけ...
ツールメニューの中には 文字数カウント という機能もあります。
文字数が必要なときには、ちょっと使ってみて下さい。
ツールメニューにはいろいろ便利な機能が隠されています。
いろいろタメして下さいね。

う〜ん、Wordは奥が深い。
もっと知りた〜い!という方はソフィアの単発の個人レッスンへどうぞ。


見にきてくれてありがとう。
みなさんの、教えて、知りたいメールがページ更新の励みになります。
上田までメールくださいね。
2005.4.8
脱初心者の知恵袋表紙へ Vol.2へ

システムプラザソフィア HOMEスクールTOPコース料金一覧時間表 パソコンスクール
静岡市清水区銀座 Tel.054-367-2641 お問い合わせ