システムプラザソフィア HOMEスクールTOPコース料金一覧時間表 パソコンスクール

Excel時間計算 Vol.4
時刻計算でこんなお題↓をいただきましたので、調子にのってまたまたやります「時刻」編
勤務時間で定時出勤前の早朝出勤と定時時刻後の残業時間を別に計算したい。

割と単純な計算の様に見えますが、なかなか手強い時間計算です。
例えば定時出勤が8時ならば...
  6時に出勤したら早出時間は2時間、8時30分の出勤なら早出時間はゼロ、
定時退社時刻は17時なので...
  16時50分に帰ったら残業はゼロ、18時に帰れば残業は1時間、という具合です。
 
定時出社時刻 8:00  
定時退社時刻 17:00  
      
出社時刻 6:30  
退社時刻 18:20  
早朝手当対象時間 1:30 ←こんなふうに計算したい。
夜間手当対象時間 1:20
でも...
遅刻や早退をしたときには、それぞれの対象時間はマイナスにせず、ゼロにしたい。
 
出社時刻 8:30  
退社時刻 17:20  
早朝手当対象時間 0:00 ←マイナス表示したくない 
夜間手当対象時間 0:00
MAX関数がひらめくと楽勝!!
B6の早朝手当対象時間に =MAX(B1−B4,0) を入力します。

定時時刻より早く出てきた場合は計算結果が正の数値になり、定時より遅く出てきた場合は負の値になるため、0が表示されます。

B7の夜間手当対象時間も同様に =MAX(B5−B2,0) を入力します。
ポイント
ポイントは、MAX関数がひらめくか、に尽きます。
MAX関数はとってもカンタンなのでまさかこんなコトに使えるとは...って多くの皆さんがびっくりします。
単純な関数ほど、使い道がひろいですね。
予告...
ココまで時間計算をすると、勤務時間は15分単位で計算したい、30分に満たない残業は切り捨て、など
様々な要求がでてきます。そこで、次回はそれらを解決するCEILINGFLOORといった関数を紹介します。
早く教えてって言われそうですが、ちょっと待っててね。
待ちきれない人はソフィアの個人レッスンに来て下さい(ちょっと宣伝)


見にきてくれてありがとう。
みなさんの、教えて、知りたいメールがページ更新の励みになります。
上田までメールくださいね。
2003.5.8
脱初心者の知恵袋表紙へ Excel時間計算Vol3へ Vol5へ

システムプラザソフィア HOMEスクールTOPコース料金一覧時間表 パソコンスクール
静岡市清水区銀座 Tel.054-367-2641 お問い合わせ