試験の申込から受験までの流れ

 Microsoft Office Specialist (マイクロソフトオフィススペシャリスト)
Microsoft Officeソフトの利用スキルを証明する世界共通資格。
Word、Excel、PowerPoint、Accessを使い、適切かつ効率的に使いこなせる実務力を客観的に判定する実技試験です。

                             MOS試験のお申込はこちら 

 ビジネス統計検定
ビジネス統計スペシャリストは、一般のビジネスパーソンに必要とされる統計分析のスキルを証明する資格です。統計の基礎知識加えて、「エクセル」を活用した分析技能のスキルも証明できる資格です。

                             ビジネス統計検定のお申込はこちら 
 統計検定
「統計検定」とは、統計に関する知識や活用力を評価する全国統一試験です。
データに基づいて客観的に判断し、科学的に問題を解決する能力は、仕事や研究をするための21世紀型スキルとして国際社会で広く認められています。
日本統計学会は、中高生・大学生・職業人を対象に、各レベルに応じて体系的に国際通用性のある統計活用能力評価システムを研究開発し、統計検定として資格認定します。

                             統計検定のお申込はこちら 


 コンタクトセンター検定
コン検は、国内初の全国版コンタクトセンター資格です。コンタクトセンターで未経験の方向けの「エントリー資格」から実務経験豊富な人向けの「プロフェッショナル資格」までキャリアや希望職種にあわせた資格の取得ができます。

                             コン検のお申込はこちら 

 アドビ認定アソシエイト(ACA)
ACAは、アドビ システムズ社が認定するエントリーレベルの認定資格です。
デジタルメディアを使用した効果的なビジュアルコミュニケーションの計画・設計・構築・保守を行うために必要な基本的なスキル、およびアドビ システムズ社のソフトウェア製品(イラストレーターやフォトショップ等)を使いこなすスキルが証明できます。

                             ACA試験のお申込はこちら 

 VBAエキスパート
VBAエキスパートはExcel、Accessのマクロ・VBAのスキルを証明する資格です。
マクロ・VBAで作業の自動化や大量のデータの一括処理など、身につけたスキルを活かし業務効率を飛躍的に向上させることが出来ます。

                             VBA試験のお申込はこちら 

 弥生認定インストラクター試験
弥生シリーズを使用するにあたり求められるスキルを証明する指標として実施されている資格試験制度です。合格すると、「弥生シリーズを使いこなせるスペシャリスト」として、メーカー認定のインストラクター資格が与えられます。
                             ⇒試験のお申込は弥生株式会社 Webサイトへ

 TOEIC SW Tests
TOEICスピーキングテスト/ライティングテストは、国際的な職場環境において、効果的に英語でコミュニケーションをするために必要な、話す、書く能力を測定する試験です。コンピュータを使って試験を実施します。
                             ⇒試験のお申込はTOEIC公式サイトへ

 Internet and Computing Core Certification (略:IC3)
コンピュータとインターネットの基礎知識に関する世界共通の認定資格。
試験は3科目でハードウェア、ソフトウェア、ネットワーク、などコンピュータをより効率的に使うための幅広い知識とスキルが問われます。
                            ⇒IC3を受験希望の方はこちら


システムプラザソフィア  HOME  スクールTOP  会社案内  資格試験案内 資格取得
静岡市清水区  TEL:054-367-2641 お問い合わせ パソコンスクール